だれのためでもない
じぶんだけのずかんを
つくろう